ダンベルを通販で買ったからスクワットする

筋トレをしている男性ダンベルを通販サイトなどで購入してしまうと、ジムに行く必要が減る為、自宅でトレーニングをする人も多いと思います。
しかし、自宅でダンベルを使ったトレーニングなんて腕の上げ下げしかしてないという方に今回はダンベルを使った下半身の鍛え方をご紹介いたします。

スクワット

ダンベルを使って下半身を鍛えるというのはあまりピンとこないかもしれませんが、実はスクワットで鍛えることができるんです。
スクワットは筋トレのBIG3と言われるほど有名ですし、、学校の準備体操として行ったということで結構知っている方がいるかもしれません。

やり方としては、
1. 足を肩幅に開く
2. ダンベルを両手に持った状態で立つ(ダンベルの位置は体の横)
3. ゆっくりと腰を下ろしていく。
4. 太ももと地面が平行になったぐらいで戻る。
5. 2~4繰り返し。

となります。

また、ポイントとしては、
・正しいフォームを意識して背中が丸まらないようにする。
・手を揺らさない、体幹がぶれないようにする
・太ももと床は平行になったときに戻るのがベスト。行き過ぎても行ってなくても効果は低い。

スクワットは下半身の筋トレの中でも一番効果があると言われています。
また、下半身だけでなく腹筋や背筋などの上半身の筋肉をも鍛えることが可能です。

また、通販サイトなどを見ているとダンベルをつなげてバーベルに変換して使用できる商品も見られました。
バーベルで行うスクワットも非常に効果が高いですので、もし機会がありましたら、ぜひやってみてください。

私は一時期、どうしても外にでないといけないとき以外は、通販などで食料を購入して生活しており、筋トレなど、もっての外でしたが、通販で見つけたちょっとかっこいい見た目のダンベルを買ってしまったら見事に筋トレにはまってしまいました。
皆さんも通販でダンベルを購入してみましょう。

ダンベルを通販で買ったはいいけど鍛え方がわからない方へ

ダンベルを持ち上げている男性ダンベルを通販などで実際に買ってみたはいいけど、どうやって鍛えていいのかわからない。
結局、腕の上げ下げしかしていない。
そんな方にこの記事ではダンベルを使ったトレーニング方法をご紹介いたします。

ダンベルで鍛えられる部位

ダンベルというものは腕を鍛えるイメージがありますが、実はダンベルは腕だけでなく様々な部位を鍛えることが可能なんです。
腕のほかに
・胸
・背中
・肩
・足
といったように、ダンベルで鍛えられる部位は意外と多いのです。
筆者もダンベルで足を鍛えられるのはかなり意外でした。
ではどういった方法でトレーニングするのか見ていきましょう

胸(大胸筋)を鍛える

男たるもの厚い胸板にはあこがれを持つものです。
その大胸筋を鍛えるメニューとして「ダンベルベンチプレス」というものがあります。
ジムなどではフラットベンチと呼ばれる、背もたれのないまっすぐなベンチのようなものに寝転んで行いますが、自宅でそんなものはないという方は代わりになるようなものを使っても大丈夫です

やり方としては、

1.ベンチにあおむけになる。(もちろん、ダンベルは両手に持っていてください)
2.ダンベルを顔の上に上げてからゆっくり下ろしていく。
3.胸につくギリギリまで下ろしたら2に戻って繰り返し。

ポイントとしては、
・あおむけになるときに肩甲骨を寄せる。
・背中が少し浮いている状態が好ましい。(アーチ状になるように)
・ダンベルを下すときはゆっくりと息を「吸いながら」下ろしていく。
・上げるときは腕を伸ばし切らない。
でしょうか。

通販サイトでダンベルを購入した場合、家から出ずにトレーニングという方も多いかもしれません。
そういった方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

ダンベルを通販で選ぶときにチェックしておきたいポイント

ダンベルのアップダンベルには様々な商品が多数のメーカーから販売されています。
通販サイトで見ていてもどの商品がいいのかわからないという方に、ダンベルを買う前にチェックしておくべきポイントをご紹介いたします。

保護素材は使われているか

ラバーなどの傷つきにくい素材が使用されているかどうかもポイントです。
ダンベルは安価なものだと鉄しか使用していないものもあるので、ラバーなどで保護がされていないと、落とした時に床が傷ついたり、最悪凹んでしまったりする可能性もあります。
うっかり足をぶつけてしまったときなどにも、衝撃を吸収してくれますので、(それでも痛いですが)できればラバーなどで保護されている商品にしましょう。実店舗の場合は触って確認するのもいいですね。

重さ

これは自分がどのくらいの重さのダンベルを求めているかをしっかりと把握しておくことが大事です。通販サイトの場合は重さの確認ができないのでなおさらですね。
付け替え型のダンベルならあまり問題はありませんが、一体型のダンベルを購入するときには特にチェックしておきたいポイントです。

重りが取れにくくなっているか

これは付け替え型の時にチェックしておくべきポイントです。
通販サイトの場合だと実物を見ることができないので、しっかりとチェックしておきましょう。
重りが外れやすいダンベルなんてものはただただ危険なだけですので、基本的にはどの商品も外れにくくはなっているはずですが、万が一ということもあります。
できることなら、重りが抜けにくい仕組みになっているものの方がいいでしょう。

プレートは単品で売っているか

こちらは付け替え型の購入を検討していて、なおかつ本格的に鍛えたい人はチェックしておいた方がいいでしょう。
プレートを無くす。壊れる。と言ったことは殆どありませんが、重量を増やしたい、さらに鍛えたいという方は、追加でプレートのみ購入できるようなものをあらかじめ購入しておくといいでしょう。
通販サイトなら購入を検討しているダンベルのページから飛ぶこともできると思います。

いかがでしたでしょうか。
このポイントを押さえて、通販でも失敗しないように、よりよいダンベルを購入しましょう。